1年生は自身の将来や自ら設定した課題の解決をイメージしてこれまで積み重ねてきた成果を発表しました。互いの成果を聴き合い、知識や思考の更なる追究に向けて進んでいくきっかけとなったと思います。