理数科の1年生40名が筑波大学菅平高原実験所での校外研修に参加しました。

片道3時間の道のりと移動が大変でしたが、現地では町田特命教授による昆虫の大繁栄についての講義を聴き、

最先端の実験器機の見学と体験をしました。その後、菅平の自然環境の特性を体感するエクスカーションが行われました。

一般的なオープンキャンパスとは違った生の大学研究施設を見学することができ、貴重な体験ができました。