シェイクアウト訓練が行われました。

シェイクアウト訓練とは、①ドロップ(低い姿勢をとる)、②カバー(机・テーブルの下などに入り、体や頭を守る)、③ホールドオン(揺れが収まるまで動かない)という身を守るための基本的な行動を学校・職場・外出先などで一斉に実践するものです。

生徒たちは校内に放送が流れると、指示をしっかり聞き、身を守る安全行動をしっかりとることができました。